EDとは、男性のペニスの勃起力の低下により、セックスが不可能な状態になることを言います。セックスは人生において重要な部分を占めるため、セックスができないことは様々な支障をきたします。

  • ホーム
  • ED治療薬を使うときには量を守って使おう

ED治療薬を使うときには量を守って使おう

ED治療薬を使うときには、量を守って正しく使うことが大切です。
ED治療薬は、病院で問診をしてもらうと患者の身体に合わせて薬を処方してもらうことができるようになりますので病院からもらう薬を利用するときには面倒な問題は生じません。
しかし、病院以外で購入するときには利用するときには自己責任による負担が生じることがあるのでその点だけは注意をしておきましょう。
ED治療薬は、殆どの人が病院からもらうのですが少数の患者は病院からではなく海外の輸入を頼りに薬を購入しようと考えている人もいます。
海外の薬を購入することは違法ではなく、単純に自身の目的のために使うのならばなんの問題もありません。
確かに、海外からの薬の仕入れは禁止されています。
海外から仕入れるとそれを販売したりして利益をえることが目的になってしまいますのでそうしたことは法律上で認められていません。
同じ理由で、個人で入手したとしてもその製品を知人に転売するなどの行為をしても犯罪になってしまいますので、法律上の決まりを守ってきちんと入手しましょう。
また、海外の製品はEDに関するものだけではなく殆どの製品で自己責任の割合が非常に大きくなります。
日本国内の医療制度と異なって国内向けの保証が存在しないので、入手してその製品を使ってトラブルになっても誰も責任をとってくれません。
これは、EDに関連するものであっても変わりないのです。
日本語の説明があるわけでもないので、用法や用量に関してはしっかりと確認しておく必要があります。
無理な量を摂取してしまうと身体に甚大な副作用が生じてしまう可能性もありますので、利用するときには異常が出ないように準備は怠らないようにしましょう。

関連記事