EDとは、男性のペニスの勃起力の低下により、セックスが不可能な状態になることを言います。セックスは人生において重要な部分を占めるため、セックスができないことは様々な支障をきたします。

  • ホーム
  • 個人輸入であれば認可されているED治療薬

個人輸入であれば認可されているED治療薬

基本は医師と対面して、診察を受けてから処方される医薬品になります。
診察といっても、男性器をみて勃起することを確認するような診察ではなく、問診になります。
勃起不全をチェックする問診があり、そして自身の健康状態を確認するだけの方法になり、まずは試してみるかたちでED治療薬が処方されます。
非常に簡単な診察になりますが、それでもひとつの大きなデメリットがあり、クリニックから処方されるのを嫌う男性が多いです。
このことにより個人輸入が多く使われるようになりました。
個人輸入にはクリニックで処方される医薬品と同じもの、もしくは同等の成分が配合されているジェネリック医薬品が取り扱われており、なおかつクリニックより安くなっているのがメリットです。
クリニックで処方されるED治療薬というのは、保険診療ができないことで、高い医療費を支払わなければいけません。
このことにより、安く購入することができる個人輸入が注目を集めるようになりました。
しかし日本は医薬品に対して厳しい国です。
違法性があるように受け止める人も多いですが、個人輸入といったかたちで入手するのであれば認可されています。
他人に譲渡したり、販売すると違法性がありますので、その点は気を付けましょう。
ただし個人輸入業者にもいろいろとあり、偽物を取り扱っていたり、有害物質が入っている医薬品を販売しているところもあります。
実際そのようなところから入手した人が、副作用により健康被害を受けたこともあります。
そのようなことにならないためにも、信頼できる個人輸入で購入するようにしましょう。
安く購入できますが、安全性には十分気を付けて、決まりを守って個人輸入を利用してください。

関連記事
アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧