EDとは、男性のペニスの勃起力の低下により、セックスが不可能な状態になることを言います。セックスは人生において重要な部分を占めるため、セックスができないことは様々な支障をきたします。

  • ホーム
  • アムロジンOD錠の服用と脳梗塞の罹患者のED治療薬

アムロジンOD錠の服用と脳梗塞の罹患者のED治療薬

併用できない薬品があったり、持病がある人には服用できないケースもあるのがED治療薬です。
最近では安く購入できることから、個人輸入で購入する男性が増えていますが、独自の判断で購入し服用すると大きな副作用が起きる可能性がありますので、推奨できない方法です。
初めてED治療薬を服用する場合は、医師の診察を受けることが大切です。
診察といっても、男性器の反応を確かめたりはしません。
すべて問診による診察です。
そしてその問診こそが安全にED治療薬を服用するために欠かせない診察になります。
アムロジンOD錠は有名な血圧降下剤になります。
そしてEDと高血圧や糖尿病は因果関係があります。
要するにアムロジンOD錠を服用している人は、勃起不全が起こりやすくなります。
血圧降下剤とED治療薬を同時に服用できますが、急激に血圧が下がりますので、ふらつきなどを感じる可能性があります。
ここにこそ医師の診察の重要性が理解できるでしょう。
また生活習慣病を取り除かない限り、どんなに治療薬で改善したとしても、勃起不全は完治しません。
高血圧を治療することによって、勃起不全が改善する可能性があります。
脳梗塞や脳出血も患った方にもED治療薬の服用は注意が必要です。
ただし脳梗塞予防のために服用している医薬品とED治療薬の併用はできます。
一般的には医薬品の服用がリスクがあるとして知られていますが、このようなことにも診察をすることでわかることがあります。
また脳疾患がある方の服用は、医師の診察が求められます。
大変リスクがある服用になりますので、後悔しないためにもしっかりと診察を受けることが大切です。
ED治療薬の本質を知ることで服用することができます。

関連記事